×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

[墓石コネクト]墓石購入から墓じまいまで|全国無料見積り口コミ情報

[墓石コネクト]墓石購入から墓じまいまで|全国無料見積りの口コミについて


[墓じまいについて]
近年「墓じまい」という言葉がテレビや雑誌、新聞などで頻繁に取り上げられています。
お墓を処分することを指していますが、元々は「改葬」という言葉が用いられていました。この2つは基本的には同じ意味です。

さまざまな理由から、墓じまいそしてお墓の移転を希望される方も多くいます。


墓じまいをされる方の主な理由は以下のようになります。

1、維持管理の問題
最大の要因ともいえるのが維持管理、お墓参りの問題です。
都心部への人口の集中も影響しています。本来のお墓の機能として、お墓参りをすることが大切です。遠方にお墓をおいたままにするよりも、都心部へのお墓の引っ越しを検討する場合も多々あるようです。

2、承継問題
新たな移転先の墓地に移動せず、永代供養墓にする場合もあります。
多い理由としてはお墓を継ぐ人がいないということが挙げられます。少子化、また核家族化の影響もあり先祖代々のお墓を継ぐという人のほかに、夫婦だけのお墓に入る場合も増えています。承継者がいない場合は、そのまま放置して無縁墓となる問題が取り上げられていますが、きちんと墓じまいをして、何かしらの対応をするほうが望ましいでしょう。

3、宗旨、宗派の改宗
まれにあるケースとして、宗教上の理由による墓じまいも挙げられます。
改宗し、既存のお墓を撤去して新しい墓地にお墓を建てるといった、大規模な改葬をする場合もあります。


【墓じまい】とは、「墓を守る跡継ぎがいない」、「お墓のある場所が遠くてなかなかお墓参りに行けない」
といった方が現在のお墓を撤去し、近くの墓地や永代供養墓地に移転、または、
海洋葬や樹木葬などの自然葬にすることを言います。
しかし、墓じまいすると決めてから移転が完了するまでには、様々な手続きや費用が必要になってきます。


「墓じまいにかかる費用」や「墓じまいの手続きと流れ」についてなど、
さらに詳しい情報も【墓石コネクト】公式サイト に掲載されています。

[墓石コネクト]墓石購入から墓じまいまで|全国無料見積り販売サイトへ

[墓石コネクト]墓石購入から墓じまいまで|全国無料見積りの口コミについてのインフォメーション

2013年度、お墓を移し替える改葬の件数は全国で約8.8万と、前年度より約1割増加しました。
(厚生労働省「衛生行政報告例」)

「週間東洋経済」の記事によると、
-----------------------------------------
週刊東洋経済は12月15日発売号で「実家の片づけ2」特集を組むのに併せて、お墓に関するアンケートを実施した。

墓じまいに関する質問に回答のあった846人のうち、実際に墓じまいを経験した人が43人、今後墓じまいを検討している人が90人に上った。 ちょうど5%の人が、すでに墓じまいを行った計算になる。

墓じまいを経験した43人に墓じまいの際に苦労した点を挙げてもらうと、
「移転費用」との回答が最も多く、「移転先の確保」と「親戚や田舎における人間関係」が続いた。

移転費用は、回答のあった65%の人が100万円以上かけており、200万〜300万円というケースが目立った。

古いお墓の解体料のほか、新しいお墓の墓石料や永代供養料が高額になる要因のようだ。
古いお墓から魂を抜く閉眼法要、新しいお墓に魂を入れる開眼法要の際にも、
住職へのお布施としてそれぞれ10万円程度かかる。

移転先の確保は、都市部になればなるほど難しくなる。
最近は納骨堂や自動搬送墓など新しいお墓の形態も増えているが、
「父の舎利殿のことを考えると、最近はやりのロッカー墓地は選択肢として考えられなかった」(東京都・40代男性)。

また、田舎の人間関係に悩まされたという東京都の40代女性は、
「祖父母や両親が元気なうちから、寺院や普段付き合いのない親戚関係についても理解しておく必要があると痛感した」と話す。

(週間東洋経済より抜粋)
-----------------------------------------


このように、墓じまいは、墓石購入とは違った問題も発生するので、
墓の維持が困難な場合は、早めに方向性を決めて下調べや、親戚への報告をする必要があります。
実際に自分の墓じまいはどのくらいの費用が必要で、何をすべきかを把握して準備するためにも、
相談や見積りを依頼して大まかに把握しておく方がいいかもしれません。



墓石購入から墓じまいまで|全国無料見積りの[墓石コネクト]とは

■お墓の値段の決め方

お墓の購入には、「墓石費用・永代使用料・管理費」の3つの要素が含まれています。
◎墓石費用…お墓の建物部分(墓石本体/外柵・納骨棺(カロート)/施工費)を「墓地費用」としています。
墓石の値段は以下のようなことで左右します。
1,墓石の種類…国産・外国産問わず、石質・産出地・採掘量・等級によって性質も値段も様々です。
2,石の使用料…使用する石材の量に比例します。
3,墓石の加工費…手間が掛かる細かいデザインや細工は加工賃が上乗せされます。
4,施工費…施行がしにくい霊園や区画は費用が加算されることもあります。

◎永代使用料…「使用権」とは「所有権」とは違い「使用できる」権利であって、「所有できる」権利ではありません。
お墓の土地部分を「永代使用権」といい、その取得する費用を「永代使用料」と言います。
家と同様、人気のある場所やアクセスがいい霊園や区画は値段が上がる傾向にあります。

◎管理費…管理運営主に定期的に支払う義務があります。
管理費は、霊園・墓地内の施設の維持・運営管理の用途に使用されます。


「墓石コネクト」は、全国の優良石材店からあなたにぴったりの石材店が見つかる
日本最大級の墓石一括見積サイトです。


ご利用はすべて無料で、簡単な一括見積りフォームにご入力いただくだけで
墓石コネクトが条件にあう最大6社の石材店を選定します。
墓石コネクト経由でご成約いただいたお客様には
最大5万円分のキャッシュバック(注)も贈呈いたします。


墓石はまだ費用内訳などにおいて不透明な部分が多く、
同じ仕様の墓石でも100万円以上の差が出てしまうことがある業界です。
墓石コネクトは、多くの方が不安を抱えてしまう墓石建立において
適正で公正な石材店探しをお手伝いする専門サイトです。
大切な方への最後の贈り物である墓石を、
安心してお求めいただけるように親身になってご支援させていただきます。


[墓石コネクト]墓石購入から墓じまいまで|全国無料見積りの口コミについて詳しい情報をお求めであれば、このページからも、詳しく確認いただけます

[墓石コネクト]墓石購入から墓じまいまで|全国無料見積り販売サイトへ

このページでは、サイト訪問者の方が、安い価格・料金で通販や各種申込みができるように、 楽天やアマゾンなどの販売店を調べ、最安値、格安、送料無料で購入可能かどうか、無料、お試し、モニター、トライアルセット、トライアルキット、アウトレットがあるか、 ポイント、値引き、返金保証、返品保証、などの情報を紹介する予定です。公式サイトやブログ、CM、などを情報源に、クチコミ、口コミ、レビュー、使い方、使用方法、選び方、やり方、飲み方、 服用方法などを調べて、感想、評価、評判などを参考に、効果、効能、結果、成果、メリットやデメリットなど、場合によってはランキング形式などで比較していきます。 ヤフオクなどのオークション情報、在庫、正規品かどうか、Amazon、動画、NAVERまとめ、アットコスメなどからの情報についても調査していきます。

jk-live.tv(JKライブTV)「ライブチャット zeus」